アイシング用品にはどんなものが必要か

スポンサーリンク

アイシングを行う上で、最低限必要なアイシング用品があるはずです。スポーツ用品店には沢山の品物が展示されてますし、接骨院や整形外科医院では色々進められると思います。ここでは運動後の筋肉疲労防止のために最低限必要な冷却用品について書きました。

アイシングの必要性を改めて確認します。スポーツを長くやっていると持病ともいえるような、同部位への痛みが生じることがあります。これは特定の関節や筋肉に繰り返し負荷がかかることでおこる現象で慢性障害といわれるもので、この慢性障害をメンテナンスするのにアイシングは大変有効です。痛みのある部位を冷やすことで痛みとそれに伴う筋肉のこわばりを軽減することが出来ます。

次に冷やす訳なので冷却材についてですが、アイシングのコツで重要なのは氷から水に変わる時の熱を奪う力が一番強く冷却能力にすぐれております、そうした意味ではコールドパックや家庭での氷は0℃以下になるので適しているとは言えません、製氷機の0℃の氷を使用することに気を配ってください。

どうしても使用しなければ成らない場合は0度以下になっていますので、そのまま使用すると凍傷を起こす可能性がありますから、水を混ぜて使用するかタオルを皮膚との間に挟んで使用するなど工夫が必要です。

また、コールドスプレーは、皮膚の表面が冷却されるだけで深部にまで伝わりませんのでアイシングとしての効果は期待できないと考えるべきです。

次に必要なのは、氷嚢と三角巾・テーピングテープです、出来れば小さいビニール袋もあればなお良いでしょう。これらを上手に使用して確りと患部にあてがうことが大切です。

アイシング用品としてはこれで十分なのです、それでも心配な場合は各自の判断で必要と思う用品をそろえて置けば宜しいのではないでしょうか、なんでもあれば良いというものではありません。

アイシング効果が得られればそれで十分なので、用品よりもアイシングのやり方に気を使ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活