効果のあるアイシングのやり方

スポンサーリンク

運動後のアイシングは大切と解っていても、効果のあるやり方を知らないと意味がありません。そもそもアイシングで期待される効果は、患部の冷却効果とは別に冷却効果の反発反応があります、それを期待して患部を冷やすのです。外傷・障害の部分は血行が悪くなっており、アイシングをし毛細血管が収縮して患部の体温が低下すると、人間の生理的作用として体温を上げようとする働きがあります、このときアイシングする前よりも毛細血管が拡張し体温も上がり血液循環がよくなり、酸素や栄養の供給が増大し患部の組織の修復が早くなる効果があるのです。/p>

だからこそ運動後は患部を冷やすことに専念してほしいのですが、そのやり方・方法が間違っていては何にもなりませんし、逆効果になることも多いにあるのですから注意が人様なのです。

そのアイシングのやり方としては、十分な冷却効果を得るためには運動後なるべく早く(5〜10分以内)開始することがたいせつで、時間が経過するほど効果は低くなります(受傷後8時間以上経ってから行った場合には、ほとんど効果は得られないとされています)。

このことは部活動終了後の時間管理が重要となるわけで、このやり方が出来ている学校とそうでない学校とでは、おのずと選手の筋力に差が出てくるし、試合結果にも現れるのではないでしょうか。

このように、筋肉疲労として残らずに翌日からの運動に支障なく専念できるアイシング効果が期待できるのです。今からでも遅くはありません、指導者・選手は氷嚢と氷は常備する心構えを持って練習のやり方を工夫してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活