投力は野球だけの瞬発力ではない

スポンサーリンク

投力アップは野球だけに必要な瞬発力ではありません、腕に筋力をつける事は脚の筋力も備わっていなければならないし、その逆も言えるのです。

最近の子供たちは体力テストでのソフトボール投げが、以前に比べ能力ダウンと聞いてます、確かにそのとうりと思います。

自然の遊ぶの中で、ものを投げる遊びが殆んど無くなってきている様な気がするからです、最も物を安全投げる場所が少なくなっていることもその要因の一つではありますが。

とは言っても、脚を鍛えるためには腕も鍛えなければ、バランスのとれた体づくりには成りません、脚を使うサッカーであっても腕を鍛える事でバランスの良いプレーが出来るのです。

当力アップのレーニングは、肩だけではなく肘・手首も一緒にく耐えねばならないし、確りした脚力も腰も作り上げなければなりません。

瞬発力アップを目指した筋トレは総合力アップのトレーニングと言えます。

「鍛える」事はトレーニングを継続反復することであり、それも集中し目的意識を持ってやることが重要であり、ただ単に時間をかければ良いというものではない。

大切な事は、誰かがやっているから自分も同じようにしなければならないとする考えから脱皮し、自分に合った「鍛え方」のトレーニングメニューを作らなければならない。

スポンサーリンク