持久力と瞬発力のトレーニングは違うの

スポンサーリンク

瞬発力も持久力も、スポーツには大切なパワーであることはご承知のことと思います、この2つのパワーをいかに高いレベルで身に付けるか、試合の時にいかに最高に引き出すかが、個々人のあるいはチームの総合力となって結果に現れるのです。

瞬発力(ハイパワー)とは、筋力を短時間に発揮させる能力のことで、筋力だけ強くてもスピードがないとパワーは生まれません。

持久力(ローパワー)とは、長時間エネルギーを維持できる力のことで、心肺機能がものいう全身持久力と、部分的な酷使に筋肉が耐える筋持久力があります。

どちらも、トレーニングにとって鍛える事が出来ますし、鍛えなければ相手に負けてしまいます。

「鍛える」事はトレーニングを継続反復することであり、それも集中し目的意識を持ってやることが重要であり、ただ単に時間をかければ良いというものではない。

鍛える部位も、スポーツの内容によって違うし、鍛え方も年齢や能力によっても違う、すなわち個々の実情に合った鍛え方を知らなければならない。

大切な事は、誰かがやっているから自分も同じようにしなければならないとする考えから脱皮し、自分に合った「鍛え方」のトレーニングメニューを作らなければならない。

スポンサーリンク