アイシング以外に必要なサポーターとは

スポンサーリンク

アイシングを効率良くするにはサポーターで確りと患部と氷を抑えつけて置くことです。肘・膝・踝・肩など三角巾だけでは固定できず、サポーターで押さえる事を必要とする場合があります。

運動によってずれるようでは冷却能力は脾湯とうな部位には伝わらないので、アイシングとしての効果は期待できないと考えるべきです。

アイシング以外でもサポーターが必要な時があります。

そのためのサポーターには2種類がある事を知ってください。固定するサポーターと保温するサポーターが部位の痛み具合により使い分けられるのです。

固定するサポーターは、痛みを強く感じる事の無い場合に使用すると、軽い運動や外出時・階段や歩行時にはとても便利で、また、固定するサポーターとは言っても自分にあった調整も可能な物がありますから、痛みの部位にサポーターを身につける際は一度専門医に相談して見るのも必要でしょう。

次に、保温タイプのサポーターは痛みを軽減させるために身につけるもので、家にいる時や勤務場所で使用できる軽めの毛糸素材の糸で編んだ商品が多く、暑い季節に冷えている室内での使用は十分に保温効果を発揮すると思いますう。

このように、痛みによって接骨院・整形外科医から固定タイプか保温タイプか自分にあつたサポーターの処方を受ける事も場合によっては必要です。 ただ痛むからと、ずっとサポーターを付けた生活を送っていると筋肉が衰えてしまうので、サポーターに頼り切らずに適度な運動を行う事も大切ですし、理学療法士または整形外科医師と良く相談しながらサポーターを選ことが重要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活