スポーツの後はアイシングでケアを

スポンサーリンク

スポーツ後の筋肉の疲れは、アイシングでケアすることが大切です。スポーツを長くやっていると持病ともいえる痛みが生じることがあります、この慢性障害をメンテナンスするのにアイシングは有効です。

運動後のクールダウンは、運動前のアップ以上に大切な行為であることを、スポーツマン必須の心構えとして必要な知識です、ところが多くの方々はこれをなおざりにしているのが現実のようです。

疲れて硬くなった筋肉をストレッチ運動でゆっくり伸ばしながら柔らかに解きほぐす、この行為が疲れを翌日に残さないばかりか翌日のトレーニング効果をアップし怪我予防にも大いに役立てているのです。

ストレッチ後でも筋肉疲労がまだ残っているようなら、さらにアイシングをすることでその効果をより一層高めにすることが可能なのです。

アイシングで必要なのは製氷機の0℃の氷です、氷から水に変わる時の熱を奪う力が一番強く冷却能力にすぐれております。 家庭の氷やコールドパックは0度以下になっていますので、そのまま使用すると凍傷を起こす可能性がありますので、水を混ぜて使用するかタオルを皮膚との間に挟んで使用するなど工夫が必要です。

また、コールドスプレーは、皮膚の表面が冷却されるだけで深部にまで伝わりませんのでアイシングとしての効果は期待できないと考えるべきです。

さらに、湿布薬の場合は、痛みや症状を和らげる成分が含まれておりそれなりの効果はありますが、応急処置の適性や冷却効果はアイシングにあと言っても間違いありません。

整理しますとスポーツの後のアイシングは、コールドスプレー・湿布薬よりも0℃の氷を使用することが、最高の効果を発揮することを覚えてください。従ってスポーツ選手は「氷嚢」と「氷」を常に持ち歩くことが必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活