投手の寿命はアイシングにかかっている

スポンサーリンク

野球の投手は、練習後の肩と肘の治療にはアイシングは欠かせません、ピッチャーをを長く続けていると、怪我ではないが持病ともいえるようなの痛みが肘と肩に生じてしまいます。これは特定の関節や筋肉に繰り返し負荷がかかることでおこる現象で投手にとっては慢性障害といわれるものです、この慢性障害を練習後のアイシングでメンテナンスするのが大変有効なのです。痛みのある部位を冷やすことで痛みとそれに伴う筋肉のこわばりを軽減することが出来ます。

さらに、アイシングには患部の冷却効果はもちろんのこと、その効果とは別に冷却効果の反発反応がありますそれを期待効果として患部を冷やすのです。外傷・障害の部分は血行が悪くなっており、アイシングをし毛細血管が収縮して患部の体温が低下すると、人間の生理的作用として体温を上げようとする働きがあります、このときアイシングする前よりも毛細血管が拡張し体温も上がり血液循環がよくなり、酸素や栄養の供給が増大し患部の組織の修復が早くなるのです。

昔は、野球選手は肩を冷やすなと言って水泳を禁止してましたが、今ではそれが逆転しアイシングすることが効果ありと物理的に立証され、殆んどの投手は必ずアイシングを実施しております。

アイシング方法と注意点についてですが、必要なものは、氷・氷嚢・固定するサポーターで十分でしょう。

・手持ちの氷嚢に氷を半分程入れ、氷の表面まで水をはります。(水を入れるのとが大切です)

0℃の氷を使用することがアイシングの重要なコツです、氷から水に変わる時の熱を奪う力が一番強く冷却能力にすぐれております。 コールドパックは0度以下になっていますので、そのまま使用すると凍傷を起こす可能性がありますので、タオルを皮膚との間に挟んで使用するなど工夫が必要です。

良く使用が見られる、コールドスプレーは、皮膚の表面が冷却されるだけで深部にまでは伝わりませんので、アイシングとしての効果は期待できないと考えるべきです。

さらに、湿布薬の場合は、痛みや症状を和らげる成分が含まれておりそれなりの効果はありますが、応急処置の適性や冷却効果はアイシングにあると言っても間違いありません。

・痛みや炎症のある、肩に直接氷嚢をあてます。5〜10分程度そのままにあてておきます。(ずれないように))

・冷え初めて灼熱感を感じしばらくして次にうずきがきます、この疼きが来るまで我慢します。

・疼きの後”無感覚”状態になったら即刻止めます。(凍傷予防には、ここで止めるめるのが肝心)

・炎症がまだ肩に続くようなら、2時間以上の間隔をおいてからき1日3回までのアイシングを行ってください。

・出来れば動かないことですが、動く必要があればサポーターでずれないように確り固定してください。

このように、筋肉疲労を残さずに翌日からの運動に支障なく専念できるアイシング効果が期待できるのです。今からでも遅くはありません、指導者・選手は氷嚢と氷は常備する心構えを持って練習のやり方を工夫してください。

このことは部活動終了後の時間管理が重要となるわけで、このやり方が出来ている学校とそうでない学校とでは、おのずと選手の筋力に差が出てくるし、試合結果にも現れるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活