簡単にアイシングするコツ

スポンサーリンク

アイシングは患部を冷やすことですが、それを簡単にやれるコツはあるのでしょうか、患部の場所によっては意外と難しそうな気がします、コールドスプレーや冷却パック・湿布薬でも効果はあるのでしょうか。

コツの前に効果について知って置く必要があります。アイシングには患部の冷却効果とは別に、冷却効果の反発反応がありますそれを期待して患部を冷やすのです。外傷・障害の部分は血行が悪くなっており、アイシングをし毛細血管が収縮して患部の体温が低下すると、人間の生理的作用として体温を上げようとする働きがあります、このときアイシングする前よりも毛細血管が拡張し体温も上がり血液循環がよくなり、酸素や栄養の供給が増大し患部の組織の修復が早くなるのです。

アイシングのコツで重要なのは製氷機の0℃の氷を使用することです、氷から水に変わる時の熱を奪う力が一番強く冷却能力にすぐれております。 家庭の氷やコールドパックは0度以下になっていますので、そのまま使用すると凍傷を起こす可能性がありますので、水を混ぜて使用するかタオルを皮膚との間に挟んで使用するなど工夫が必要です。

また、コールドスプレーは、皮膚の表面が冷却されるだけで深部にまで伝わりませんのでアイシングとしての効果は期待できないと考えるべきです。

さらに、湿布薬の場合は、痛みや症状を和らげる成分が含まれておりそれなりの効果はありますが、応急処置の適性や冷却効果はアイシングにあと言っても間違いありません。

整理しますとスポーツの後のアイシングは、コールドスプレー・湿布薬よりも0℃の氷を使用することが、最大の効果を発揮することを覚えてください。従ってスポーツ選手は「氷嚢」と「氷」を常に持ち歩くことが必要です。

さて、そのコツですが、氷嚢と三角巾・テーピングテープを常備しておくことです、出来れば小さいビニール袋もあればなお良いでしょう。これらを上手に使用して確りと患部にあてがうことが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活