正社員の生涯賃金

スポンサーリンク

雇用形態別の生涯賃金は正社員が断然有利です、当然のことかもしれませんが、入社してから定年で退職するまでには確実に、最低でも現状維持以上の賃金が保障されているのが正社員ですから、正社員採用を希望するのは当たり前ですね。

正社員以外の雇用の方は、正社員以上の金額で働いている場合も少なくはありませんが、その方々の賞与とか昇給とか全てが頭打ちになっているのが殆んどです。ましてや60歳の定年なんて有りませんから、場合によっては会社を転々としなければなりません。

幾ら実力社会とは言っても、まだまだ日本は終身雇用の社会ですから、生涯賃金賃金を考えるならば、なんとしても正社員の身分を確保することが賢明なのです。最近ではフリーターと称して自由にに職を変え転々している方も多いようですが、若いうちはまだしも40歳を超えるようになったら、なかなか働き口は見つかりません。

それは当然のこと、かなりの能力があり人の何倍も稼ぐことができる事が解っているなら、企業も正社員で採用した方が得だし、そうでないなら高賃金を要求しない若い世代を雇うのが経営者としての当然の考えですから。

逆にいえば、そのような能力のある人は、正社員・生涯賃金などと考えず、自ら事業を起こして人を雇って成功させたいと行動するのが一般的な考えではないでしょうか。若いからと言って特にころと言った目標もなく、フリーターと称してブラブラしている余裕など今後は来ないものと思った方が間違いありませんシテいる

スポンサーリンク

Page Top

婚活