警察官の生涯賃金の実態

スポンサーリンク

警察官の生涯賃金の実態はどのようなレベルでしょうか、危険で過酷な勤務から想定すると相当高い報酬を得ていると想像されますが、実際はどうなのでしょうか。

警察官にも国家公務員と県採用の地方公務員がありますので、その採用と任用についてまず知って岡なっればなりません。

警察官は警察庁採用者(更には国家l種、ll種採用で分けられる)と、都道府県採用者とで区別されており、その区別は各省庁のなかでは最も厳しいと言われる。また、警察官は役職以外に階級による区分もあるため、他の省庁より一層差別化が進んでいる。警部補を初任とする国家l種採用者(いわゆる「キャリア」)は採用7年目に無試験で警視に一斉昇任するが、巡査を初任とする都道府県採用者(いわゆる「ノンキャリア」)で警視に昇任する者の数は少なく、最も早く昇任したとしても学歴に関係なく45歳程度であり、格差は非常に大きいものとなっている。日本の警察は警察庁長官を頂点とするピラミッド構造をとっており、国家ll種試験に合格して警察庁に採用された警察官は一部で準キャリアと呼ばれ、巡査部長を初任とし、キャリアと同様に無試験で昇任するなど、都道府県採用者に比べ有利に処遇されている。しかし、最高幹部(警察庁長官や警視庁警視総監、警察庁の次長・局長あるいは警視庁や大規模道府県警の本部長・主要部長などを務める警視監)へ至ることができないと見込まれる点では、他省庁の国家ll種採用者と同様である。

そんな制度の中ではありますがノンキャリアの警察官の生涯賃金はどのようなレベルでだろうか。警察官の年収は、平均して800万円ぐらいとされています。公務員の平均年収は600万〜700万ですから、やはり同じ公務員といえども高めです。警察官の年収、これを高いと安いと思うかは、人によって異なるでしょう。ちなみに警察官になるための警察学校に行っている間も給料が出ます。その警察学校在校時の年収は、高卒か大卒かにもよりますが、200万〜250万ぐらいです。警察官の年収平均の3分の一から4分の一、といったところでしょう。

スポンサーリンク

Page Top

婚活