教員の生涯賃金を知る

スポンサーリンク

生涯賃金と言っても職業によって相当な違いはありますが、教員の場合はどうでしょうか。大学・高校・中学・小学校との差はあるのでしょうか調べて観ました。教員ですから全員が大学を卒業して職につくので、ほぼ第一線からスタートと考えて宜しいと思うので、比較し易いのではないでしょうか。

予想通り大学教授の年収が1122万円でダントツですが、生涯賃金となると2.74億円で大学講師の2.84億円よりも低い数値になっているのが特徴です。高校教員は2.9憶円 小中教員は2.80億円とほぼ横一線に並んでいると言っていいでしょう。

参考に幼稚園教諭は1.57憶円・保育士は1.44憶円と学校教員に比べ、1.3憶円の格差があることには驚きました。教育を重んじる日本の政策の矛盾を感じるところです。ちなみに、私立高校の教員は2.79憶円と公立よりも低く、教育界でも「官尊民卑」であることがわかります。

私、個人的な見解としては、教職員にも勤務評定を実施し有能な職員にはそれ相当の職位と職権を与え教諭独自の裁量可能な教育ができる制度と、それ相当の生涯賃金を与えることで教育にも変化が出来て、面白いのではないかと思いますがいかがなものでしょうか。

スポンサーリンク

Page Top

婚活