女性の生涯賃金について考える

スポンサーリンク

ここでは、女性の生涯賃金について考えてみましょう。生涯賃金賃金とは、サラリーマンが学校卒業して働き出してから定年で退職するまでの賃金総額のことです。

然しながら、女性の場合、結婚・出産で、定年退職前に勤めを辞め、そのまま主婦として家庭に入るケースが多いことと、一旦結婚・出産で退職し、子育てが終了してその後再就職する方も多いことから、厚生労働省の行う大規模な統計「賃金構造基本統計調査」でも、男性に比べ生涯賃金としては相当な差があることを謙虚に現しています。

「男女雇用機会均等法」で、育児休暇等々の様々な女性保護措置が立法されては来ているものの、実際の場面ではまだまだそれを活用したりする風土にはなっていない実情である。これは企業の理解も当然必要なことであるが、働く本人もしくは家庭内で、過去の風習から脱皮できない実情と、地域社会全体での仕組みづくりの理解と遅延がまさに物語っていると言えよう。

都会では「主夫」と言う言葉が出始めて夫婦で子育てとなりつつはあるものの、地方に目を向けると相当な都会との隔たりが見られる。さらに大企業とそうでない企業の自体の差もあることも事実である。

この理想と現実のギャップを、以下に縮めるかが大きな課題である。これからの日本の将来を担う子供たちの育成のための施策作りを、国や公共団体任せにせず、自分たちの地域単位で推し進めてゆくことが重要であろう。

スポンサーリンク

Page Top

婚活