平均生涯賃金とは何

スポンサーリンク

生涯賃金、良く耳にする言葉ですが「平均生涯賃金」とは何のことでしょう。少し詳しく調べてみようと思います。なんかの参考になれば幸せです。

生涯賃金の定義は『ひとりの労働者が生涯にわたって得る収入の合計金額』のことでありますが、当然この金額は一人にとり違います。学歴によっても企業規模によっても雇用形態によって、さらには男女(本来は法律によって差を付けてはいけないことにはなっていますが、実態はそうではないようです)によっても違います。

当然、勤務評価によっても違ってくるのがあたり前です(然し公務員は勤務評価が無く賃金も殆んど同じ)。

厚生労働省の行う大規模な統計調査「賃金構造統計調査」によって発表された数値をもとに「平均生涯賃金」を算出しているのである。

従って、「平均」なので、誰もがと言うことではないことを認識して置く必要があります。 只、高学歴・大規模企業ほどその数値が高く、雇用形態から観ても正社員は高いのが当然の数値のようです。

これからの日本、豊かな者はますます豊かになり、貧しい者はますます貧しくなるというような世の中になっていることは数値でみる限り明らかなようです。同じサラリーマン、同じ仕事をしていても稼ぐ人、稼げない人の完全な二極化に向かっている今、サラリーマンは自らの人生をかけて何をすべきか考えないといかない時代になっているようです。

スポンサーリンク

Page Top

婚活