休むのに言い訳の必要はありません

スポンサーリンク

会社を休むのにどんな言い訳をするかについて、悩んでおられませんか。

それは何故ですか、何時も休んでばかりいるから? 当日の休みだから? 上司から何時も嫌味を言われるから? 等々。

良く良く考えてみてください、全てがあなたに起因するからだと思いませんか、休んでばかり・当日休み・上司の嫌味、それらはあなた自身が巻き起こした結果ではないでしょうか?

そんな事をしていたら、誰もあてにしないし、いずれは会社から入らない止めて欲しいと言われるのが関の山です。

そうならないために、「休むのに言い訳の必要はありません」と題して以下に書いてみたいと思います。

労働基準法では、採用後6ヶ月経過していれば、10労働日の有給休暇を与える事が会社に義務付けられています。

それでもこそこそと言い訳をして休まなければならない人は、何故だろうと反省と仕事に向かう姿勢を改善しなければなりません。

その反省とは何でしょう。

  1、手抜きをしないで100%以上の力を出し切っているか?

  2.休む時に、急な申し出は無いか?(出来れば1週間前申請)

  3、同僚に対し休みをもらったことの感謝の気持ちがあるか?

以上の事に少しでも自信がなければ、あなたに問題があるのです、今から姿勢を改善してください。

 1、与えられた仕事は納期前に完了し報告をする。

 2、早め早めの休みの申請をする、同然仕事の進捗状況を報告して。

 3、たまには同僚に感謝の言葉を述べるのは当然の事、たまには菓子折りでも持参し皆とお茶する。

他には

 4、仕事の報告は完了してからではなく、適宜経過の報告をし指示を仰ぐ。

 5、同僚が休む時には、気持ち良く休ませ、出来れば何時でもカバーする気持ちを持つ。

このような仕事に対して日頃取り組み、堂々と休みの申請をして、言い訳無くして休むことをお勧めします。

休むのに言い訳の必要は無いのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活