言い訳しない休みの取り方

スポンサーリンク

会社勤めでどうしても休みをもらわなければならない事があります。

その為に、どのように言い訳して休むかなどと考えてはいけません。

日頃、人よりも一生懸命働き、休みもなく働いていれば、言い訳なしに正直に申し出れば休みはもらえます。

ところが、なかなかそのように出来ない人、出来ない会社はあるものですが皆さんはいかがでしょうか。

労働基準法では、採用後6ヶ月経過していれば、10労働日の有給休暇を与える事が会社に義務付けられています。

それでもこそこそと言い訳をして休まなければならない人は、何故だろうと反省と仕事に向かう姿勢を改善しなければならないと思います。

その反省とは何でしょう。

  1、手抜きをしないで100%以上の力を出し切っているか?

  2.休む時に、急な申し出は無いか?(出来れば1週間前申請)

  3、同僚に対し休みをもらったことの感謝の気持ちがあるか?

以上の事に少しでも自信がなければ、あなたに問題があるのです、今から姿勢を改善してください。

その後、堂々と休みの申請をして、言い訳無くして休むことをお勧めします。

次に会社の問題です。

法律で決められた有給休暇は、どんな休みの理由であっても気持ち良く休みを与える事が、会社の評価を上げることの最低の条件と思うことです。

こんな経験はありませんか。

  1、くどくどと休みの理由を聞き、出来れば休ませないようにする。

  2、虐めに近い言葉を発したり、他の同僚に嫌味を話しかける。

  3、何か条件を付けて休みをあたる。

以上の様なことがあったら、あなたの会社は従業員から見くびられ、チャンスがあれば退社の申請がある覚悟をするべきです、それが経営者の責務と判断すべきです。

このように休みは、気持ち良く与える・気持ち良く取れる、そのような認識で行動出来る人間関係を築いて欲しいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活