本当は怖い、仮病の言い訳

スポンサーリンク

よく言い訳に仮病を使われますが、この行為本当は怖いことになり事を承知して置くことです。

学校を休む・会社を休む・会合を欠席する・人と会う、等々、行きたくないために仮病を使って言い訳する人は多いのが実情のようです。

然し、この行為はあくまでもその場しのぎであって、根本的には何も解決出来ない、本当はもっと怖い事が起こりうる覚悟が必要なのです。

其の事を承知して仮病を使うことです。

例えば、

 @仮病であることが、後日解った時

 A其の仮病との前後関係で、辻褄が合わなくなった時

この場合は、正直に仮病と白状するか、また仮病の言い訳に嘘をつくのかどちらかしか方法はありません。

 B習慣化して、全く「わるぎ」を感じなくなる

仮病であることは、遅かれ早かれ他人からは、いずれは見抜かれます。

この結果、誰もあなたを信じなくなり、仲間から疎外を受ける羽目にもなってくるのです。

仲間からの疎外だけでなく、会社からは欠陥社員としての取扱をうけ、解雇の危機もありうるのです。

だからこそ、仮病なんて言い訳はせず、正直に休む・欠席するとあいてに言うことが一番なのです。

信用のある社会人は、嫌なこと辛いことに対しても、正直に面と向かって対応するものです。

その場しのぎの対応は、最後にあなたに大きな重圧として圧し掛かってきますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活