ドタキャンはどんな言い訳でも許せるものではない

スポンサーリンク

約束も、色々な事情でキャンセルしなければならない事はあるものです。

病気になったとか、近親者に不幸が出たとか、事故にあったとか、色々と事情・理由があるものです。

予期しないことで、どうしても約束事が果たせない場合、どのように約束した相手に誠意を尽くしてキャンセルするのがいいのでしょうか。

結論は、どんなことがあってもキャンセルしないという、硬い決心を以て約束すべきです。

それでも不意の事が起きてしまった場合はどうすればよいのでしょう。

まず考えなければならないことは、自分の代わりになる者人がいないかと、キャンセルしない方法を前提に模索すること。

簡単にキャンセルすることを選択する人がいますが、どんな理由があっても、どんな言い訳を言っても真から相手の了解を得る事は不可能なのです。

其のぐらいの覚悟を持って言い訳をしてキャンセルするのなら、自分自身の責任と自覚すべきでしょう。

それは、今後約束ごとをしてもらえない、其の相手だけでなく其の関係者からも同じ扱いを受けると言う覚悟です。

相手は、それに合わせて、時間をとり行動をし、次の約束をしていることもあるのです。

ましてや、ドタキャンは絶対に許せません、相手の貴重な時間を奪っていることにきずくべきです。

社会人としてドタキャンは、どんなに言い訳をしても許せない行為と自覚し、代替の人で対応すべきと考えます。

相互の円滑なコミュニケーションのためには、社会の最低条件です。

約束を死守できないいい加減や約束はすべきでありません

スポンサーリンク
スポンサーリンク
婚活